「ずっと痛いな〜」実は慢性痛は〇〇のはたらきが深く関係します🙇

こんにちは!

久喜ななつぼし整骨院の小林です。

 

 

 

急に寒くなってきましたね!🥶

今後はまたどんどん寒くなっていきます。

気を抜かず体調管理を徹底していきましょう!!!

 

 

 

さて、今回は神経のはたらきと筋肉の痛みの関係性について書いていきます。

 

 

 

 

我々が普段から何気なく動かしている筋肉ですが、

これは全て脳が出した命令によって動いています。

 

 

 

 

また、「痛い」という感覚も全て脳で最終的に感じ取っています。

 

 

 

 

こういった感覚や情報の伝達をおこなう脳や神経のはたらきが悪くなると

命令を受ける筋肉のはたらきも悪くなります。

 

 

 

 

例えば、電柱→電線→お家 の順に電気が供給されますが、

中継地点である電線に問題があればお家に電気が届きませんよね。

 

 

 

 

身体も同じです。

脳→神経→筋肉の順に命令を送りますが、

神経機能に問題があれば筋肉に対して命令が上手くいきません。

 

 

 

 

特に慢性的な症状の場合は、筋肉だけ施術して良くなっても

大元の神経のはたらきが良くなければまた「繰り返す」ことになります。

 

 

 

 

そのため、痛いところのみに着目するのではなく、

身体全体をみていかなければなりません。

 

 

 

 

最新の医学では、実は神経は圧迫に強く、

神経が圧迫されることによって痺れや痛みが出ることはないと言われています。

(神経が圧迫されたら起こるのは「麻痺」「感覚鈍麻」です)

 

 

 

 

分かりやすく言えば、立っている時の足の裏や妊婦さんのお腹など、

常に圧迫を受けているのに痺れが出ないのがその証拠です。

 

 

 

 

動かして痛い・痺れが出るというのは筋肉に問題がある場合が多いです。

慢性痛のほとんどは「筋筋膜性疼痛症候群」によるものだと言われています。

 

 

 

打撲や運動などによる筋損傷などから起因したり

筋肉に対する繰り返しの過負荷や長時間の同姿勢によって

筋肉を包む筋膜の癒着やコリによって起こる痛みや痺れの症状です。

 

 

 

 

こういった正しい情報をしっかりと理解することで

症状の改善が早まることもあります。

 

 

 

 

「今日も痛いな〜」ではなく「痛いけどこれはできた」など

少しでもプラスの方向に転換することがとても大切です。

 

 

 

 

そして、日常の中で筋肉に柔軟性を出せるように安静にし過ぎず

ストレッチや適度な運動をして筋肉を動かすよう心がけましょう!!!☺️

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久喜ななつぼし整骨院・整体院

 

〒346−0003

久喜市久喜中央2−9−41 TKビル2F

 

0480−22−4555

 

email:info@nanatsuboshi-seitai.com

 

JR宇都宮線・東武伊勢崎線 久喜駅西口から徒歩2分

予約優先制(ご新規の方は1日2名様限定となります)

 

自律神経失調症・肩こり・椎間板ヘルニア・腰痛・頭痛・ギックリ腰・頸椎症・ダイエット・脊柱管狭窄症・手足の痺れ・五十肩・四十肩・坐骨神経痛・腰椎すべり症・分離症・産後ケア・骨盤矯正・不眠症・野球肩・慢性痛・テニス肘・ゴルフ肘・股関節痛・膝痛・加圧トレーニング・ギックリ腰・イップス・パニック障害・捻挫・寝違え・脱臼・捻挫・スポーツ障害・肉離れ・打撲・巻き爪矯正・陥入爪・割れ爪
交通事故治療・産前ケア・うつ病・更年期障害・生理痛・良性頭位性めまい症・手足のしびれ・足底腱膜炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・

 

受付時間
月~土  10:00~21:00

 

定休日  水曜日

 

TEL 0480ー22ー4555
「ブログを見て・・・」とお電話ください。

 

☆口コミサイト エキテン https://www.ekiten.jp/shop_6771576/

☆フェイスブックページ  https://www.facebook.com/kuki.nanatsuboshi/