筋肉がつってしまう原因とその対処

こんにちは!

久喜ななつぼし整骨院の小林です。

 

 

寒暖差の激しい日が続いていますね!

気を抜かず体調管理をしていきましょう!

 

 

 

さて、今回は

『筋肉がつってしまった際の対処法』

をお伝えしますね!!

 

 

 

 

初めに、筋肉がつるというのは

筋肉が過剰に縮こまっている状態を指します。

 

 

 

原因は筋肉の血行循環水分(+ミネラルなどの電解質)不足

神経伝達に支障が出ると起こります。

 

 

 

水分不足と聞くと、夏のイメージがありますが

冬場の寝ている間にも体内水分は失われていきます

 

 

 

また、冬場は身体の抹消の冷えが起こりやすいため

特にふくらはぎや足裏が寝ている間につりやすかったりもします。

 

 

 

そのため、しっかり栄養を摂取し

適度な運動や保温によって筋肉の血行循環を

促すようなことが必要になってきます。

 

 

 

 

では、筋肉がつってしまった時・・・

まずはゆっくりと筋肉を伸ばしましょう!!!

 

 

ここで注意しなければならないのが

急に筋肉を勢いつけて伸ばさないことです。

 

 

 

上記でのように、つった状態は言い換えれば

過剰に縮こまった状態です。

 

 

 

筋肉を伸ばす方向と縮こまる方向とで逆の動きをするため

いきなり伸ばしてしまうとつった部分が綱引き状態となり

かえって筋肉を痛めてしまう原因にもなります。

 

 

 

『ゆっくりと、優しく、無理のない範囲』で

ストレッチすることが大切です。

 

 

 

 

ただ、やはり理想はつらないことなので

筋肉の血行循環を良くし、水分(栄養)を

よく摂取しましょう!!!😁

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久喜ななつぼし整骨院・整体院

 

〒346−0003

久喜市久喜中央2−9−41 TKビル2F

 

0480−22−4555

 

email:info@nanatsuboshi-seitai.com

 

JR宇都宮線・東武伊勢崎線 久喜駅西口から徒歩2分

予約優先制(ご新規の方は1日2名様限定となります)

 

自律神経失調症・肩こり・椎間板ヘルニア・腰痛・頭痛・ギックリ腰・頸椎症・ダイエット・脊柱管狭窄症・手足の痺れ・五十肩・四十肩・坐骨神経痛・腰椎すべり症・分離症・産後ケア・骨盤矯正・不眠症・野球肩・慢性痛・テニス肘・ゴルフ肘・股関節痛・膝痛・加圧トレーニング・ギックリ腰・イップス・パニック障害・捻挫・寝違え・脱臼・捻挫・スポーツ障害・肉離れ・打撲・巻き爪矯正・陥入爪・割れ爪
交通事故治療・産前ケア・うつ病・更年期障害・生理痛・良性頭位性めまい症・手足のしびれ・足底腱膜炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・

 

受付時間
月~土  10:00~21:00

 

定休日  水曜日

 

TEL 0480ー22ー4555
「ブログを見て・・・」とお電話ください。

 

☆口コミサイト エキテン https://www.ekiten.jp/shop_6771576/

☆フェイスブックページ  https://www.facebook.com/kuki.nanatsuboshi/