シンスプリント

久喜市でシンスプリントにお悩みのかたへ

  • 走り出しに足の脛が痛む
  • 病院で痛み止めと湿布をもらったけどよくならない
  • 一定以上、運動すると痛む
  • 特に朝の脛の痛みが気になる
  • 痛みを気にせず競技をやりたい

これまで多くのシンスプリントにお困りの患者様を施術してきました。

当院の「シンスプリントの施術方針」について書いていきますので、よかったらご覧ください。

シンスプリントって?

シンスプリントは別名、「脛骨過労性骨膜炎」、「過労性脛部痛」、「脛骨内側症候群」と呼ばれています。

運動などによりスネの内側への過度なストレスがかかると、違和感から運動後の痛み、日常生活での鈍痛が生じ、最終的には朝目覚めて1歩目すら痛みを感じるようになります。

急激に運動量が増えた方や、疲労の溜まっている方、靴の内側が過度に削れている方(扁平足・内股・X脚など)に多くみられます。

よく勘違いされるのがシンスプリントと疲労骨折は違います。シンスプリントはオーバーユース(使いすぎ)によるもので、ランニングやジャンプの繰り返しで起こりやすい障害です。

症状の状態によっては、すねの骨の内側に強い筋肉の緊張と圧痛点(押すと痛いところ)があったり、熱感や腫脹があったりします。

当院のシンスプリントの施術方針

シンスプリントはその状態によって施術内容が変わります。

熱感や腫脹がある場合は、患部の安静をさせる必要があります。

長期間、痛みのある状態で過ごしている場合、すねの内側の筋肉に過度の筋肉の緊張や筋膜の癒着が考えられます。

痛かったり痛くなかったりを繰り返している場合、神経バランスの乱れからカラダ全体のバランスが崩れている可能性があります。

当院ではその痛みの症状は、何が原因で起こっているのかを様々な検査で見つけ適切なアプローチを行います。当院オリジナルの検査もございます。

※状態によっては健康保険の適用となる場合があります。お気軽にご相談ください。

施術紹介

【アクティベータメソッド】

神経バランスの調整をします。神経のバランスが整うことにより、筋肉の緊張がほぐれたり、体の動きがスムーズになります。や専用のアクティベータ器を使い、パチンパチンと赤ちゃんでも受けられる優しい刺激で調整していきます。

米国医師より指導を受け、正規団体より認定を受けたスタッフが2名常勤していますので安心です。

【グラストンテクニック】

筋膜を擦り瘢痕化した組織を解きほぐし癒着した筋膜の可動制限を解放する施術法で、専用の金属のヘラを使い施術していきます。

筋肉が緩み関節周囲の軟部組織に施すと関節の可動域も広がります。

痛みはほとんどありませんので安心してください。

【鍼灸施術】

患部周辺や関連部位の索状硬結や圧痛点(トリガーポイント)に刺鍼し、筋肉の緊張をほぐしたり、痛みを軽減させていきます。

痛みは全くゼロではありません。鍼治療特有の重い感じや響く感じがあることがあります。

また、美容を目的にした美容鍼・妊娠中のつわり・逆子・産後ケアを施術経験豊富な女性鍼灸師が行いますので安心です。

【ハイボルテージ療法】

高電圧電流による電流刺激を、深部組織まで直接到達させ、患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力を促進します。

また、電気の刺激で血流量を増大させることで、筋肉中の酸素や栄養の不足を解消し痛みを取り除きます。

患者様の声

当院へ来院された患者様の声です。

コチラ

エキテン口コミサイト

【久喜ななつぼし整骨院】のページにいきます。

まず当院の施術であなたの痛みが改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当サイトからのご予約に限り通常3,080円いただいている施術検査料を無料にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは一日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。