ランナー膝(腸脛靭帯炎)

久喜市でランナー膝(腸脛靭帯炎)でお悩みの方へ

  • 膝の外側がズキズキ痛む
  • 日常生活の歩行や階段の昇降がツラい
  • 走っていて、毎回一定の距離で痛くなる
  • 膝の痛みを予防して楽しく走りたい
  • パフォーマンスをあげるメンテナンスをしたい

これまで多くのランナー膝(腸脛靭帯炎)にお困りの患者様を施術してきました。

当院の「ランナー膝(腸脛靭帯炎)の施術方針」について書いていきます。良かったらご覧ください。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?

ランナー膝とは様々な病態を指しますが、ここでは最も良く見かける腸脛靭帯炎を説明していきます。

腸脛靭帯炎は、下腹部にある骨盤前面の出っ張りからふとももの外側を通って膝の外側に付着している腸脛靭帯が、膝関節外側で何らかのストレスを受け炎症が起こったものです。

原因は、膝関節の屈伸運動によって、腸脛靭帯が大腿骨外顆(ふとももの骨の膝の上にある出っ張り)と接触し擦れ炎症が起こることによります。

ランニングのように膝関節の屈伸を繰り返す運動や、バスケットやバレーボールのようにジャンプの多い競技でも起こりやすく、主にオーバーユース(使いすぎ)が原因です。

休養不足や硬い路面での走行、下肢のアライメント異常(内反膝など)が発生の一因に考えられます。

レントゲンやMRIでは変性を見つけることはできません。

初期段階は安静が最も大切です。休ませて患部の炎症を抑えなければなりません。

痛みが長期化したり、良くなったり悪くなったりした場合は安静が必ずしもベストな選択ではない場合があります。

当院のランナー膝(腸脛靭帯炎)の施術方針

まず状態をしっかり把握するために問診し、様々な検査を行います。当院オリジナルの検査もございます。些細なことでも構いませんので、気になることは全てお話ください。

腸脛靭帯へのストレスは、大腿部の筋肉や筋膜、靭帯などの軟部組織の緊張で高まります。

また、神経バランスの乱れにより不良姿勢になったり、カラダのアンバランスが症状の一因になっている場合もあります。

当院ではその原因を検査で見つけ、適切なアプローチをしていきます。

※状態によっては健康保険の適用となる場合があります。お気軽にご相談ください。

施術紹介

【アクティベータメソッド】

神経バランスの調整をします。神経のバランスが整うことにより、筋肉の緊張がほぐれたり、体の動きがスムーズになります。や専用のアクティベータ器を使い、パチンパチンと赤ちゃんでも受けられる優しい刺激で調整していきます。

米国医師より指導を受け、正規団体より認定を受けたスタッフが2名常勤していますので安心です。

【グラストンテクニック】

筋膜を擦り瘢痕化した組織を解きほぐし癒着した筋膜の可動制限を解放する施術法で、専用の金属のヘラを使い施術していきます。

筋肉が緩み関節周囲の軟部組織に施すと関節の可動域も広がります。

痛みはほとんどありませんので安心してください。

【鍼灸施術】

患部周辺や関連部位の索状硬結や圧痛点(トリガーポイント)に刺鍼し、筋肉の緊張をほぐしたり、痛みを軽減させていきます。

痛みは全くゼロではありません。鍼治療特有の重い感じや響く感じがあることがあります。

また、美容を目的にした美容鍼・妊娠中のつわり・逆子・産後ケアを施術経験豊富な女性鍼灸師が行いますので安心です。

【ハイボルテージ療法】

高電圧電流による電流刺激を、深部組織まで直接到達させ、患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力を促進します。

また、電気の刺激で血流量を増大させることで、筋肉中の酸素や栄養の不足を解消し痛みを取り除きます。

患者様の声

当院へ来院された患者様の声です。

コチラ

エキテン口コミサイト

【久喜ななつぼし整骨院】のページにいきます。

まず当院の施術であなたの痛みが改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当サイトからのご予約に限り通常3,080円いただいている施術検査料を無料にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは一日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。